どうしても買いたい

不動産工房ゆくはしが売主の物件のお話です。

売出しのときご来店になって、

「買いたいので値引きしてください」

常識の範囲であるなら値引きは仕方がないのですが、

不動産工房ゆくはしに損が出る値段では売れません。

「申し訳ありませんが無理ですね」

「それならいいです!!」

相当粘った挙げ句、

ブチ切れてお帰りになりましたが、

後日…

他の不動産会社から電話をいただきまして。

「不動産工房ゆくはしさんでお扱いの◯◯の物件、

まだご紹介可能でしょうか?」

「いいですよ」

「お客様が、※※万円でとおっしゃるんですが値引きは…」

「そのお客様は△△さんじゃないですか?」

「はいそうです」

「その方、ウチに直接来られてお断り申し上げたんですが」

「え、そうなんですか?」

「はい、無理なもんは無理です」

「ですよね」

とまあ、

売主である不動産工房ゆくはしが、

その値段で売らないと言っている以上、

売主=持ち主なので、

他社を通そうがどうにもなりません。

その物件は結局売れなくて、

しばらく販売停止にしようということで、

ネット等不動産市場から消したんですが…

「☆☆不動産の社長から、

〇〇の物件※※万円でいいと言われて契約に来たんですが…」

と同じお客様。

はあ?

はあぁぁぁ?

「あのすみません、

☆☆不動産の社長が、なぜうちの所有する不動産を

勝手に売ることができるんですか?」

「でも売ってくれるって言ったんです」

「申し訳ないんですが、

☆☆不動産の社長と契約なさってください」

「それでいいんですか?」

「はい、ウチは売らないので、

☆☆不動産の社長がどうするのか知りませんけど、

うちは関係ありません」

「え、どういうことですか?」

「☆☆不動産の社長と、

この物件について話をしたこともないんです。

こちらとしては意味がわからないんです」

「…」

☆☆不動産の社長は、

こういうことが得意な方で結構有名です。

適当なことを言って契約時に、

「そうかなあ?言ったかなあ?」

と大変な事になりますが、

本人は平気です。

不動産工房ゆくはしは、

基本この方を避けております。

さて、

一年後、

〇〇の物件は、

売れないので自棄糞になって値上げしてみたのですが…

「不動産工房ゆくはしさんでお扱いの◯◯の物件、

まだご紹介可能でしょうか?」

すぐにお問い合わせ。

「いいですよ」

「あの、値引きは…」

この時点では、値引きしても良かったんですが、

ネットの出したばっかりだったので、

「しませんよ」

「ではそれでいいそうなので契約よろしいですか?」

「あの、内覧とかいいんですか?」

「知っている物件なのでいいそうです」

「契約者って△△さんですか?」

「はい、ご存知ですか?」

意味がわかりません。

最初にこちらの売り出した値段で買っておけば、

今より100万安く買えたんです。

さらに他社を通しての買付けなので不動産手数料がかかります。

不動産工房ゆくはしが売主の場合、

不動産手数料はいりません。

そこまでこの物件が欲しかったのなら、

変な値引き交渉などせず買えばよかったんです。

と、

ここまで読まれて、このお客様のことを

「変な人」

と思われたかもしれません。

実はこういう方は、

結構いらっしゃいます。

変な部分に拘って、最後に損をするお客様。

不動産業者が売り主の場合、

その会社から直接買うのが一番です。

他社を入れるメリットは、

土地の場合、

手数料がかかるだけで特にメリットはありません。

中古住宅である場合は、

不動産工房ゆくはしのように、

住宅経験値の高い業者を入れることはメリットがありますが…

中古住宅の売り買いにおいて、

不動産工房ゆくはしの所有する物件を

他所の客付けで買うメリットは全くありません。

なぜなら、

不動産工房ゆくはしが、

購入時にすべて検査を行っているからです。

これは、

「打診棒」

というものです。

住宅の基礎部分の劣化状況を調べるものです。

これを持っている不動産会社は、おそらくあまりありません。

不動産工房ゆくはしは、中古住宅をお預かりした際には、よく使います。

自社物件の売り買いにおいて、

他の不動産会社を入れるメリットは、

これより他に思いつきません。

行橋 不動産 土地 賃貸 相続 査定 中古住宅 事業承継 古民家 住宅ローン 借り換え ホームインスペクション 築上 京築 リフォーム 仲介 保険相談