不動産で投資をしたい

「安い家を買って賃貸にして投資をしたいんですが?」

実際にやっているっしゃる方もいますし、

難しい話でもないんですが、問題は考えている中身です。

「300万円ぐらいの家を買って賃貸にしたいんですがありますか?」

300万円ぐらいの家はあります。

しかし、普通に考えて家を300万円で買えるということは、

その家に何らかの事情がなくてはなりません。

当たり前に土地より値段が安いんですから。

300万円以下の理由というと

  • 家が古い
  • 雨漏り等の問題がある
  • 駐車場や道がない
  • 事件事故があった
  • その他

これらどれ一つとっても「そのまま賃貸」というのは無理です。

ところがこういう人は、

「キチンとなって問題がない家で300万円」

と考えているのです。

そんな物件ありません。

なぜそんな考え方になるかというと、

「300万円あるから投資しよう」

という動機なのです。

通常株などの投資は持っている金額から投資を始められます。

しかし不動産は、300万円持っていても300万円の土地建物を投資の対象とするには500万円必要なのです。

これは税金であるとか、不動産手数料であるとか、登記費用であるとかそういったお金が余分にかかるので仕方ないのです。

ある方がこういうことを話しているのを耳にしました。

「株は失敗すれば紙切れだが、不動産は最悪土地が残る」

だから不動産投資は失敗がないと、

言われるんですが、不動産投資の失敗は地獄です。

不動産には所有するだけで毎年税金がかかります。

売買すれば税金がかかります。

土地の除草等の管理費がかかります。

家があれば、家の維持にお金がかかります。

家を維持したくないので更地にすれば税金は跳ね上がります。

こんなことは株では起こりません。

国家は不動産を「生活の基盤」と考えています。

投資の対象として考えているわけではありません。

ですから余分なお金で賃貸投資をすること自体は悪い考えではないのですが、維持管理できるだけの金銭的余裕がない場合は、お勧めできません。

実は、不動産で儲けるには宅地建物業者になる以外の方法はありません。

ところが、北九州・京築エリアは日本で人口当たりの宅地建物取引業者が最も多い地域です。

倒産件数も日本一。

それでも宅地建物取引業者になりますか?

不動産投資をしたいですか?

よくお考え下さい。

「ちょっと気が向いたから」

という甘い世界ではありません。