人の家に勝手に住み着く方々

木が倒れた家ありませんか?


木が倒れると根元に大きな穴が空くのですが

あの穴は急いで埋めたほうがいいようです。

というより倒木は早めに処理しましょう。

倒木自体はシロアリを呼ぶし

倒木の穴は、

「オオスズメバチ」

の巣になることがあります。

宮崎の人だと大喜びしますが普通は嫌ですよね。

蜂は基本的に殆どの種類が民家に巣を作ります。

で、

攻撃性が弱いのは

「ミツバチ」

だけです。

攻撃性は弱いけど攻撃してこないわけではないので注意がいるし、

ミツバチの毒はスズメバチについで強いんので危険です。

アメリカで有名な

「キラービー」(殺人蜂)

は、日本のミツバチをアメリカに移植した後突然変異を起こしたものです。

つまり、蜂は絶対安全ではないんです。

ミツバチには普通

「バカが刺される」

というんですが、

ミツバチは攻撃してくる前に何度か警告します。

その警告を無視すると刺されるんです。

まず、

「羽音を立てる」(警戒する)

「顔の前を飛ぶ」(観察する)

「体当りする」(来るな!)

「刺す」

顔の前を飛ばれたときに手で叩くととっさに刺されます。

刺すと、毒はフェロモンの働きもするので他の蜂を呼ぶことがあります。

キラービーが人を死ぬまで刺すのはこのためです。

スズメバチはいきなり刺すし何度も刺します。

これはもしかしたら殺して食おうとしているのかもしれません。

以前、

殺したネズミを解体して

肉団子にして巣に運ぶスズメバチを見たことあります。

巣の見分け方は、

「オオスズメバチ」

は、最初に書いたとおり地面の下です。

「キイロスズメバチ」

最強最悪の蜂ですが(凶暴だよ)

これはボールのような巨大な巣を作ります。

侵入可能なら家中どこにでも作ります。

「ヒメスズメバチ」

はキイロスズメバチの巣が半分に割れたような形の巣を作ります。

これも家中どこにでも作ります。

「モンスズメバチ」

これも家中どこにでも巣を作ります。

崩れたような形の巣です。

「コガタスズメバチ」

これは木に巣をつくる蜂だけど最近では軒下に巣を作る事があります。

逆さにした徳利のような形の巣です。

次は、

「アシナガバチ」

基本家中どこにでも巣を作るけど軒下とかが多ようです。

あまり大きくない巣で蓮の実のさやを逆さまにした様な形の巣です。

「ミツバチ」

これは蜜というか蝋というか六角形が集まった巨大な巣を作ります。

床下天井裏が多いようです。

巣がでかくなると蜜が滴り落ちるので雨漏りみたいになることもあります。

蜜は、

「めちゃめちゃ美味しい」

野生の蜂の蜜はうまいんです。

刺しますけどね。

このエントリーをはてなブックマークに追加