他の不動産会社の物件はどうすればいいんですか?

「他の不動産会社の物件はどうすればいいんですか?」

これ、

不動産工房ゆくはしが家について詳しいので、

中古住宅をお求めのお客様からのお問い合わせです。

不動産工房ゆくはしでお預かりしている物件で、

決まればいいんですが、

他社の物件のほうがいい場合もあります。

その場合、

「家の状態に不安があるので、

不動産工房ゆくはしで見てもらいたい」

「中古の家は怖いのでアドバイスが欲しい」

などの悩みが出てくると思います。

住宅の調査は、

「中古住宅現況調査」

というのが国土交通省の推進するインスペクションですが、

問題が多く、

本当に信頼できるのかと言うと、

「?」

となります。

ちなみに料金は4万5千円程度から6万円程度です。

次に住宅インスペクターという、

JSHIという団体に加盟するインスペクターに依頼すると、

かなり詳しく調査をしてくれます。

これは調査費用は6万円程度からとなっております。

ちなみに、

不動産工房ゆくはしはJSHIに加盟しておりますが、

第三者性の観点からインスペクターの紹介以外は、

業務として行っておりません。

ただし、

不動産工房ゆくはしが仲介する場合、

家の問題点はすべて洗い出しますので、

安心といえば安心です。

これは仲介業務の一環として行うもので、

お客様同士のトラブルを防ぐために行うものです。

但しこのことについては、

「非破壊検査による目視での所見」

を述べることであり、

保証はできません。

不動産は通常

「売主」

「買主」

という立場による取引となりますので、

売主側不動産屋と買主側不動産屋が存在することになります。

つまり不動産工房ゆくはしを買主側不動産屋として使えば、

中古住宅についての悩みは減ることになります。

この場合の仲介手数料は、

通常の料金ですので、

不動産工房ゆくはしをご利用のお客様は、

少し安心できるということになります。

また、

住宅ローンに不安のある方も

「住宅ローン診断士」

が常駐していますので、

安心してお任せいただけると自負しております。

中古住宅は、

中古住宅についての専門知識のない不動産業者で買うと、

トラブルに発展しやすいようです。

行橋 不動産 土地 賃貸 相続 査定 中古住宅 事業承継 古民家 住宅ローン 借り換え ホームインスペクション 築上 京築 リフォーム 仲介 保険相談