住宅メーカーの家vs大工の家

家のと言うのは基本オーダーメードなんですが

住宅メーカーのものはいわばセミオーダーなので

簡単にそこそこの家が作れます。

これを大工に頼むと完全オーダーになるので失敗する可能性があります。

大工の技量の問題もあります。

腕の良い大工というのは変人が多いし、

気むずかしいので身内とか知り合いでなければ付き合いにくいと思います。

住宅メーカーの営業は付き合いやすいんですけど、

家の事を知らない人が多いのでトラブル勝ちです。

ここでは、話の都合上家の建築予算を2千万円と考えてみます。

これには土地代は含まれていません。

住宅メーカーに2千万円の予算を渡すと普通

「中の下くらい程度の家」

になります。

メーカーによって違いますが、

予算的に話にならないメーカーもあります。

基本安さを売りにするメーカーの家しか建ちません。

ただし交渉時に2千万円の予算を告ると

2千万というと2千5百万まで引き出されます。

ハウスメーカーの営業は自分の成績しか興味がないので

家を建てたお客さんが住宅ローンが払えなくなって破産しようとも関係ないからです。

さて、大工に2千万の予算で

「希望は言うけどあとは全部任す。2千万しかない」

大工に頼むときは、絶対にごちゃごちゃ言わずに頼みます。

「任す」

経験値が違うからこれでいいんです。

「庭はイングリッシュガーデンで壁は珪藻土、窓枠は漆喰で西洋瓦なんかいいかも」

などと奥さんがうつつを抜かすと血を見るか大工は帰ります。

任せること。

さて、どんな家が建つでしょう?

答えは、

「すごい家が建つ」

住宅メーカーの家だと3千万円超えコースの家になります。

住宅メーカーは企業だから利益率にシビアだし人件費も高いので、

2千万円の家だと最低でも500万円は儲けてます。

材料代だけ考えると多分1千万円ぐらいしかかかっていません。

これは、住宅メーカーの企業努力で大量に安く仕入れているわけで

普通に考えるとその値段にはなりません。

その点大工だと正味1800万円ぐらい材料代に使うので

いい家になってあたりまえなんです。

任すと言われると職人さんは意地になります。

ただ問題は、今どき腕のいい大工がほとんどいません。

左官はもっといません。

家を建てるのは「家大工」

内装を造るのは「内装大工」

神社仏閣は「宮大工」

これ全部違う仕事です。

この中で、家大工と宮大工がほとんどいません。

修行がきつい上に時間がかかるのでなり手がないんです。

でもっとひどいのは、

「仕事が無い」

今どき大工に仕事を頼む人がいないのでますます減っているんです。

住宅メーカーの家は一見よく見えます。

単純に住みやすいし耐久性も高いし便利に工夫されています。

でも、年をとったらとか増改築したらとか柔軟性はありません。

大工の家は増改築を前提に考えてあるから柔軟性が高いのです。

最終的に住みやすい、暮らしやすい家になります。

特に平屋は大工の家が圧倒的に良いです。

近所の大工だと風向きまで計算に入れて作りますから

風水害を受けにくい家を建てますし

建てちゃいけない場所だと「ここには建てるな」といいます。

フォローの説明はなく「だめだ」一言ですけどね。

普通大工のスキルには家相を見るは含まれるものなんです。

縁があったら大工さんに頼むのが一番です。

気むずかしくて腕のいい大工がいます。