住宅ローンいくらぐらい借りられるかな? 1

今回も住宅ローンのお話です。

おそらく皆さんは、

「自分がどれぐらいの家を購入できるのか?」

「住宅ローンの審査は大丈夫なのか?」

等、よくわからないので不安に思われていると思います。

まず住宅ローンが組めるかどうかの目安ですが、

  1. 過去10年間に金融事故がある(自己破産)
  2. 過去5年間に債務整理をした
  3. キャッシングローン2社以上、過去5年間した
  4. 保証債務がある(他人の連帯債務)
  5. NTTドコモの携帯をお持ちで延滞がある
  6. 直近1年間にカード等の延滞がある
  7. 転職して1年経ってない
  8. カーローンが多い
  9. 税金・公共料金の滞納がある

これらの内、1・2・3・4がある場合、

基本的に住宅ローン審査は通りません。

(通る可能性はあります。ご相談ください)

5・6・7は1年間真面目に暮らすことで、

1年後住宅ローンを組めるようになります。

8・9は、どれも解消するように求められます。

特に9がある場合はフラット35は、殆どの場合否決されます。

以上で住宅ローン審査に入れるかどうか分かると思います。

次に、

  1. 公務員
  2. 上場企業会社員
  3. 中小企業会社員
  4. トラック運転手・建築作業員など
  5. 自営業者
  6. スポーツ選手・鳶職など危険な仕事

という属性に分かれます。

1・2は、

ほぼ無条件で上の条件に少し問題がある場合でも、

通ることがあるぐらいの信用力となります。

3は上場企業の子会社の場合は、1・2と同じ条件となり、

普通の中小企業の場合、

企業の内容によっては否決されることがありますが、

これはレアなケースで普通問題がなければ通ります。

4は審査がかなり厳しいのですが問題がなければ通ります。

3・4は勤務先の取引銀行(給料の振込銀行)

でローンを組むのが基本です。

ろうきんの利用も視野に入れましょう。

5は、税金対策と称して売上を低く申告している場合が多いので、

住宅ローンに必要な所得が足りない場合が多く、

審査になりません。

ここをクリアしてもかなり難しいのが現実です。

6は、ほぼ無理です。

自分も何度かスポーツ選手の住宅ローンを手がけましたが、

審査に通った記憶がありません。

テレビに出るようなプロ野球選手でもだめでした。

以上、少しでも不安がある場合はご相談ください。

次に返済負担率を求めます。

「返済負担率」とは、

年間の所得額に対して、

ローンなどの返済額が占める割合のことです。

これローンの総計ですので、

支払い中のキャッシングローンやカードローン、

カーローンも含みますので気をつけましょう。

基本金融機関は年収の35%を目安にしているようです。

自分的には20%が理想だと思いますが…

年収450万円の場合、450万円✕35%=約150万円

150万円割る12ヶ月=約12万円、

これが1ヶ月のローン支払い額です。

かなりきついと思います。

これで買える家はと言うと、

金利1.325%として35年払で計算すると、

100万円借りるごとにおよそ3300円の返済となりますので、

120000÷3300=36

ですのでざっと3600万円の家が買えることになります。

ただこれ、

年収450万年の人が毎月12万円の返済というのは、

かなりきついと思います。

「そんなことないだろ?毎月生活費が25万あるじゃん」

税ひき前なんですよ、この計算。

年収にはボーナスが入っている場合もあるので、

実際の生活費は15万円ないと思います。

自分が20%と言って真意はここにあって、

20%だと1ヶ月75000円の返済ですので、まだ難しくないのです。

ちなみに、20%だと2200万円程度の家となります。

長くなりました、もう一回やりましょう。

行橋 不動産 土地 賃貸 相続 査定 中古住宅 事業承継 古民家 住宅ローン 借り換え ホームインスペクション 築上 京築 リフォーム 仲介