家族信託について簡単に

最近家族信託という言葉を耳にされることがあると思います。

家族信託とは何でしょうか?

民事信託の一種なのですが

「民事」

と限定される呼称である場合、その対語となるものが必ずあります。

この場合、

「商事信託」

と呼ばれるもので、信託銀行などが行う業務と考えればいいでしょう。

実際には投資信託というものもありますので、ややこしいのですが、いわゆる信託銀行の業務というのは、

「遺言と遺産の管理」

を報酬を得て行うもの。

と定義できます。

これに対し民事信託の内、家族信託とは、

「家族による家族のための民事信託」

と呼ばれるもので、

「家族が報酬を得ず財産を管理するもの」

と考えることができます。

この方法の特徴は、

1.遺言書による遺産相続の場合

  • 被相続人の一方的な意思の表明であること
  • 書き換えられる危険があること(公正証書遺言以外)
  • 1代のみ指定できる(何代もの財産の行方を指定できない)

2.成年後見人制度の活用

  • 財産は家庭裁判所の監督下に置かれる
  • 財産をすべて開示しなければいけない
  • 財産を家庭裁判所の監督のもと後見人が管理する(被後見人の不利益につながることはすべて許可されない)
  • 収支報告が毎年必要となる
  • 財産を動かす際は家庭裁判裁所の許可が必要だが治療費がない等のよほどの理由でない限る許可されない

というような法的な弱点あるいは法的に手が届かない部分をち密にコントロールできる点にあります。

家族信託を利用してできることの例として以下のことがあります。

1.財産の管理が自由にできる。

これ、賃貸住宅を持っている場合などは非常に便利です。

実際には家族信託の利用以外にも賃貸住宅の管理を可能にする方法はあるのですが、何かしらの手を打たずに所有者が認知症等になると入退居の契約も修理もリフォームもできなくなります。

これを勝手にやった後で、後見人の審査があると

「不法行為」

として弁済させられます。

当然家族信託の手続きが行われていれば問題ありません。

2.処分が自由にできる

信託受託者が管理できるので、共同持分による相続財産を処分する場合、受託者の意思で簡単にできます。

3.事業継承が楽にできる

事業継承がいま社会問題になるほどに、事業の継承ができず会社がなくなることが多いのですがこれを防げます。

4.二世代、三世代まで指定できる

これ例えば、子供がいない場合財産は奥さんに相続された後、奥さんの家族に相続されていきます。

つまり、

「○○家」

の財産は奥さんの家系に引き継がれて○○家の歴史は消滅します。

これを防ぐには遺言ですと法定遺留分により自動的に奥さんが相続しますので財産が分散してしまいます。

こういう場合、家族信託ですと信託受託者を○○家の名前を継ぐ親族に、受益者を奥さんにすれば解決します。

「ほう、いいことばかりではないか」

但し、これ事前に相続人同士で話し合い極端にな形にならないようにしないと他の相続人から遺留分減殺請求されることがあります。

家族信託であっても遺留分を侵害することはできません。

家族信託のデメリット

いいことばかりではなく、デメリットもあります。

デメリットは一言でいうと、登記の書き換えを必要とするので費用がかなりかかります。

と、ざっと説明しましたがご不明の点があれば不動産工房ゆくはしまでお問い合わせください。