将来を考えて家を選ぶ

「将来を考えて家を選ぶ」

最近良く耳にする言葉ですね。

最近家を買う人はネットによるものなのか情報の

「耳年増」

になっていて、

家選びに失敗しないように将来性を考えてるみたいですけど・・

「失敗いしない家選び」

とかどっかの本のタイトルみたいですが

これって

「無理です!」

というか非常に馬鹿げた発想なんです。

赤ちゃんが生まれたとします。

「この子が35歳になるまでずうっと着られる服を選びなさい」

この質問は有り得ないことに気が付くと思います。

家は住宅ローンから考えると最長35年間お金を支払わなくてはいけません。

法定耐用年数から考えても木造だと20年ぐらいなんですが、

たとえ20年でも

生まれたばかりの赤ちゃんが20年間着替えずそのままでいられる服などありません。

夢はあってもかまわないんですが

 

でも現実には思い通りにいくことはあまりありません。

家は、

中で暮らす人々は成長したり老化したり、

出産で増えたり、独立して減ったりと常に変わっていくものなのに

家だけがそのままでというのはおかしくないですか?

「今30歳なんだけど老後のためにバリアフリーで手すりをつけてください」

手すりは邪魔です。

細かく説明すると、

手すりは使う人の身長と体の状態に合わせて取り付けるものなので

適当な手すりは危ないんです。

今から35年後の体の状態は予測できないので

老後に備えることはできません。

「家は住む人と一緒に成長します」

つまり細かいリフォームは避けられないんです。

遊牧民族は土地に帰属する意識が低いので家は家庭状況にあわせて買い換えます。

諸外国は基本は家は買い換える派です。

農耕民族は住み着くんですが

高温多湿の地域が多いため普通家がダメになり引っ越します。

引っ越さないテクノロジーを確立した日本人だけが

家を買い換える意識が低いんです。

実際に家を売る人の理由は

「故郷に帰る」

が圧倒的なんです。

家を買い代えたくないなら将来を考えるという発想を変えなければいけません。

人気メーカーのALCプレハブ造だと増改築がしにくいとか、

パネル構造だと抜けない壁があるとか、

そう考えると純木造が一番柔軟なわけで

どんなふうにもリフォームできると思いますが

木造軸組み在来工法の家は耐久性がありません。

判断に困るのですが将来を考えた家造りというのは、

「基本に忠実な家をきちんとした材料で建てる」

事しかないと思います。