幽霊地

幽霊地というものがあります。

幽霊の出る土地って

「怖いですねえ」

って、嘘です。

「?」

幽霊地というのは存在するはずなんだけれど、

実際には存在しない土地のことです。

これどういうことかと言いますと、

昔大きな土地を登記したとき、

測量がうまくいってない場合に、

大きな土地を分筆していって

最後に残っている土地があるはずなんだけど、

実際にはもう土地がないと言うことがまれにあり、

この登記上存在するにもかかわらず、

実際には存在しない土地のことです。

現在は確定測量をしたのち分筆するため、

こういうことはありませんが、

昔はまれにこういうことが起きたようです。

 

これは登記があるのに土地が存在しないというパターンです。

現実問題として未登記の土地というのは、

「埋め立てたばかりの土地」

などめったにあるものではなく、

実際に昔から未登記の土地の場合、

これ字図上

「道」

「水」

と書かれた部分がこれに該当します。

こういう地番の存在しない土地は国有地です。

困るのは、

「未登記の建物」

です。

未登記の建物は、珍しくもなく普通にあります。

登記は、

「権利の主張」

であって義務ではありません。

登記をしようとしまいと役所は固定資産税をかけますし、

国や役場が未登記であることについて困ることはありません。

ただし、

所有者は困ります。

登記というのは早いもの勝ちなので、

他人に自分の家を先に登記された場合、

その家は他人のものになります。

「裁判すれば…」

勝てません。

登記はしたもの勝ちです。

ただ現実的には、

「権利の証明」

が必要なので、

他人の家を勝手に登記するのはなかなか大変です。

「なかなか大変」

というのは、

「簡単ではないけど難しくもない」

という意味です。

登記簿には

  • 表題部
  • 甲区
  • 乙区

という記載事項があります。

  • 表題部

これは目的物を表示する部分で、

建物の場合

「場所」

「家屋番号」

「種類」

「構造」

「面積」

「付属する建物の表示」

が記載されています。

  • 甲区

この部分は権利を表すします。

誰が持っているかとか、

だれが何分の一もっているなど書かれています。

  • 乙区

これは所有権以外の権利がかかれる部分で、

普通ここに書かれるのは抵当権などです。

この内表題部は土地家屋調査士の仕事ですので、

土地家屋調査士がこの部分を作らないと登記はできません。

もっとも法的には、

登記は本人申請なので自分でできるはずなんですが、

昔から未登記であった家の登記は、

普通の人には相当大変です。

この時、土地家屋調査士を自分の家だとだまさないと

他人の家の登記はできないことになります。

土地家屋調査士はプロなので、

これ実際にはかなり厳しく証拠の提示を求められます。

簡単にはだませませんから大変と申し上げたのです。

登記はなるべくしておいた方が安全です。