指し値の話

「指し値」の話です。

これ、値段交渉のこと、

「いくらなら買う」

という意思表示なんです。

ネットで見た物件を実際に見に行って

「値下がりしたら買おうね」

こういうお客様は家を買えません。

希望する価格をぶつけるのが一番いいんです。

「〇〇円なら買えるんですけど・・・」

これについて我々宅地建物取引業者

値下げ可能かどうかは必ず返事します。

不可能な場合は諦めてください。

ただし、

およそどんな物件においても

「最低限いくら」

の価格を持っているので

「下がります?」

「いいですよ」

のパターンが結構あるんです。

不動産は積極的に動いた人の勝ちです。

希望を全部ぶつけてもらうほうが業者的に楽ですし

無理なことはどうにも無理ですが、

なんとかなることについては

宅地建物取引業は手数料ビジネスなんで全力でなんとかします。

「500万円でピカピカの新しい家がほしいんですけど」

普通は有り得ないんですが

不動産に絶対はないのでまれにこういう物件もあったりします。

特に事故物件はこういうのが多いです。

事故、つまり誰かが死んだ家です。

これは気にしない人は気にしないので

家を安く買うのはこれが一番いい方法です。

下手をすると100万円ぐらいで買えます。

これは表に出ない事も多いので

「出た時すぐに」

となるのでご予約ください。

ネットでいくら探してもダメです。

なぜなら不動産の情報サイトに登録するのにもお金が必要なので、

儲けにならない物件を載せたりはしません。

行動を起こして不動産業者に頼んでおかないと絶対に買えない物件です。

「家欲しいなぁ」

とネットで見ている人は家を買えません。

人生における時間はお金なので、

時間がすぎる毎に家は買えなくなっていきます。

 

家を買うならまず行動です。