空き家の水道管破裂

これからの時期、空き家の水道管破裂が増えます。

年末年始の帰省などで家を空ける方、

旅行で家を空ける方など、

年末年始の急激な気温の冷え込みに、

ご自宅の水道管が破裂することがあります。

また長期間空き家にしているにもかかわらず、

水道の使用停止していない方、

あるいは、井戸水なのに電気を使用停止していない方など、

水道管が破裂することがあります。

こういう場合、誰も気がつかないと、

水が流しっぱなしになるので、

もし家の中で破裂した場合は、大変なことになります。

近隣のどなたかが気がつけば問題はありませんが、

特に井戸の場合は、

誰にも気がつかれないこともありますので、

結果的に家が駄目になったりすることがあります。

もし何もなければ状態が良く高い値段で家売れる空き家も

こういう事故によって、

結果的に安い値段でしか取引できなくなる場合もあります。

不動産工房ゆくはしは、

空き家管理をいたしますので

電気が通っているのは非常にありがたいのですが、

やはり空き家のライフラインは使用停止していただかないと

特に電気は漏電等で火事が起きたりもしますので怖いです。

水道の場合でも水が流しっぱなしになり、

誰にも気づかれず水道料金の請求が、

数十万円ということも珍しくもなく普通にあります。

こういう場合、

事故ということで料金の減免処置が取られますが、

それでも自治体によっては、

半額程度の負担を求められますので、

損失は小さくないと思います。

「ちょろちょろと流しぱなしにすればいいんだろう?」

これをやると水道料金が少しずつ上がりますし、

井戸の場合は電気料金も上がります。

逆に使う際に開栓すればいいので面倒くさがらずに、

使用停止手続きをすればいいのです。

旅行の時にはあるいは帰省の場合は、

仕方がないので、

蛇口を少しひねりチョロチョロと水が出た状態で、

出かけましょう。

温暖化の影響で暖かくなったり、

急激に冷え込んだりを繰り返す傾向があるため、

油断はできません。

2階にトイレや洗面台のある家は、

特に屋内での水道管破裂に気をつけてください。

家や家財大切なものなどが水でダメになる可能性があります。

気をつけましょう。