空き家は誰にとっても良くないもの

「空き家問題」これについては、国が勝手に騒いでいると思っている方が多いようです。

しかし、

空き家は国や地方自治体から見ても厄介なものですが、

同時に、相続の面から見ても厄介です。

相続税の納付については、

田舎の空き家の物納というのは、

ほとんどなく、

任意で売却後現金にて納付ということになります。

ただし、

簡単に売れないものが多いため、

どうにもならなくなることが多いようです。

この場合、

本来一刻も早く手放すべきなのですが、

人間欲が出るためなかなか安い値段で手放せません。

長い間空き家だと家がどんどん腐ってしまって、

売るに売れない状況になります。

仕方なく家を解体するのですが、

更地にしてしまうと固定資産税が跳ね上がります。

空き家についての一番大きな問題は除草です。

草が生え、近隣から苦情が出た場合、

自治体が持ち主に対して連絡をしますが、

持ち主が簡単にわからない場合は、

自治体が除草費用を固定資産税の送付先に請求します。

その結果差し押さえ競売ということも考えられますが、

自治体は空き家を差し押さえるということはあまりせず、

むしろ給料と差し押さえしやすい部分を差し押さえします。

「相続放棄すれば?」

「相続放棄をしても管理責任を逃れることはできない」

というのが判例ですので、

相続放棄して土地所有権がない空き家について、

修理したり除草したりの管理の責任はありますが、

所有権がないため解体したり売却したりできません。

未来永劫に管理費と除草費が出て行くという、

蟻地獄のような状態になります。

つまり、相続放棄は解決策ではありません。

また、街中などで確実に売却可能な空き家の場合、

地面師という土地関係の詐欺師にとっては、

非常においしい標的になります。

ある種の公的書類は本当に簡単に偽造できるため、

その偽造された書類をもとに土地の名義を変更し、

売却してしまえばその土地を購入した人は、

「善意の第三者」

なので所有権は移転します。

つまり、

取られたら取り戻すことはできません。

これは長期間放置するなどの相続登記がなされてない場合、

よく狙われます。

空き家問題というのは、

相続した人のとっても、

国にとっても、

自治体にとっても頭の痛い問題なのですが、

同時に地面師などの詐欺師にとっては、

とっても美味しい標的なのです。

ですから長期間放置している土地などは、

いつか使うなどの目的がある場合、

きちんと管理し、

あるいは登記にも目を配りということが、

必要になります。

自分の土地だと思っていたところに行ってみると、

人の家が立っていたなどの冗談のような話ですが、

実際にないことではありません。

空き家問題は、他人事ではないのです気をつけてください。

管理しきれない場合は、

空き家管理をする会社に委託しましょう。