車買っちゃった

新築建売の契約日、買主がピカピカの新車で登場します。

「あれ、車違いますね?」

(もしかして…)

「買っちゃんたんすよ、衝動買い」

(すげーだろー)

「ローンですか?」

(ヤバいっ)

「当然!48回払いです」

(キリっ、一括なんてカネあるわけないじゃん)

「あー」

(ダメじゃん)

この方、契約できませんでした。

ローンには返済負担率というのがあって、

ある程度の基準を超えると住宅ローンは組めなくなります。

特にカーローンは要注意。

カーローンというのは、

価格的に数百万円のものを3年とかの短い期間で返済しますので、

月々の支払額が大きいのです。

つまり年間支払うことのできるローン返済額を超えてしまいます。

住宅ローンが最初から組めないとわかっているのに、

契約しても仕方ありません。

さっと計算したものを見せながら契約できない旨伝えると、

輝かしい笑顔で契約場所にいた奥さんの顔が般若になりました。

ボコッ

新車に蹴り一撃、

「離婚する、私タクシーで帰る、今日中に離婚届に判ついて出て行って」

(まあこうなるわな)

親戚の借金を支払う目的で家を売ったAさん、

取引終了後、ピカピカのベルファイアで登場します。

「買っちゃったんですよ、いいでしょう」

「これ500万円ぐらいするんじゃないですか?」

「オプション色々つけたんで600万ちょっとです」

「ローンですか?」

「いやあ、

家売ったお金があるのにローンなんて組むわけないじゃないですか」

「へっ?!借金は?」

「まあ何とかなるでしょう」

(あ、あほや…知らねえぞ)

数か月後、Aがお店に来られました。

「もう少し家賃の安いアパートないですかね?」

「3LDKは、なかなかないですよ」

「一人になっちゃったんで、ワンルームでもいいです」

(あー、やっぱり)

中古の家を買う目的で来店されたB夫妻、

住宅ローンが通りません。

「カーローンもないのにおかしいですね」

「そうですね」

「車って、あの古い軽だけですか?」

「そうです」

(変だな)

このご夫婦、キャッシングもないのです。

次の相談日、ご夫婦二人それぞれ、ハーレーで登場します。

(やったー、これじゃん)

ハーレーは元々高価なバイクですが、

問題なのは、ノーマルのまま乗る人がほとんどいないので、

ハーレーがある時点で、お金持ちでない場合、

1台当たり300万円ぐらいの借金をしている人が結構いらっしゃいます。

これ、車を改造しまくる人も同じです。

気をつけてください。