不動産査定

「不動産の査定をお願いしたいんだが」

というお問い合わせをよくいただきます。

ただ、何のための査定かお伺いすると…

「価値が知りたいだけ」

とお答えになられる方が非常にたくさんいらっしゃいます。

「ほかの不動産屋だともっと高い値段になるかもしれない」

こういう心理が働くのでしょう。

残念ながら、不動産の値段というのは大都市以外では下がり続けています。

日本では「定価主義」の時期が長く、

「価値は不変」

という意識が高いのですが、

現在は公正取引法の概念から定価は存在しなくなりました。

不動産工房ゆくはしでは、固定資産税評価などの公的資料を基に査定をいたします。

宅地建物取引業法は、その第34条の2第2項において、「宅地建物取引業者は、前項第2号の価額又は評価額について意見を述べるときは、その根拠を明らかにしなければならない。」と定めていますので根拠となるものがなくてはなりません。

現実にはこれらの資料は、インターネットで簡単に誰でも手に入るものです。

つまり、

「価値を知りたいだけ」

であれば自分で調べればいいのです。

不動産工房ゆくはしでは、

売却の前提のない査定は致しません。

経費が掛かるため、媒介契約の存在しない査定はお断りしております。