住宅ローンのアドバイス

住宅ローンが通るかどうか心配な時どうすれば?

皆さんおそらく住宅ローンが通るかどうか心配だと思います。住宅ローンは収入とか職業とか勤続年数とか時にはお勤め先までが関係します。それらすべてが問題なくても金融機関の使う信用情報に傷があると住宅ローンは通りません。万が一審査に通らなかった場合でも、金融機関はなぜなのか教えてくれません。実際に住宅ローン審査に落ちる方で信用情報に全く傷のない方がいらっしゃいます。それは、「スーパークリーン」と呼ばれる方で過去にクレジットカードすら作ったことのない方です。信用情報が存在しないということは信用する基準がないということ。問題がないことが問題という例です。

個人信用情報を調べてみよう

個人信用情報機関という組織が世の中にはあるんです。会社で、何社かあるんですがその一例を、 全国銀行個人信用情報センター(KSC)TEL03-3214-5020 ㈱CIC0120-810-414 ㈱日本信用情報機構(JICC)0120-441-481

どれがいいの?

これは本人以外は調べることができません。個人情報のかなり重要なものなので簡単に他人のことが調べられたら困るからです。銀行ですら情報内容は知りません。銀行が調べるのは傷があるかどうかで傷の内容は調べることができないのです。これは全部調べてもいいのですが、お金もかかるので一社だけならJICCがいいでしょう。各社連動しているので情報自体はそれほど差がないのですが、日本信用情報機構(JICC)のデータが一番細かいようです。

ここでアドバイス

もし履歴に傷があっても慌てて支払わないように!!金融機関による過去の債務の消し忘れもあるので、まずどういうお金なのか調べることからはじめましょう。苦情申し立てでクリーンになることもあります。慌てて支払うことにより金融機関の間違いを間違いじゃないと認めることになり、この場合最大5年ぐらい住宅ローンが組めなくなります。

住宅ローンアドバイザーに相談する

不動産工房ゆくはしには住宅ローンアドバイザーが常駐しております。住宅ローンがご心配であれば家の購入計画以前にご相談いただけると銀行ローンの設定がスムーズになることもあります。お気軽にご相談ください。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加