ダウジング

「ダウジングとはまたオカルトだねえ」

ダウジングはオカルトではありません。

「なら科学なの?」

科学的に解明されていませんし、

証明もされていません。

ただし、

水道工事の関係者でダウジングを知らない人はまずいません。

位置のわからない水道管を探り当てるのによく使います。

地中レーダーや金属探知機、

地中ソナーなどのハイテク機器も使いますが、

殆どの場合ダウジングで事足りるのです。

ここで、

「なぜか当たる」

と言ってしまうと、

占いとかオカルトになるので、

科学かオカルトかの議論になるため、

ここではあえて「技術」とします。

ダウジングでなぜ地面の下の水道管がわかるのか、

理由はわかっていません。

ただ偶然では説明つかない的中率なので、

水道局の人が使い始めました。

水道局の人は「Lロッド」という道具を使います。

これは、L形に曲げた針金を2つ用意し、

それぞれを一本づつ右手と左手にゆるく持ち持ち、

気持ち先端が下を向くようにして歩きます。

すると、

地面の下に水道管がある場合は針金が動きます。

左右に開いたり、

並行したまま右とか左に向いたりするんですが、

面白いことに並行して向いた方向に水道管があったりします。

開いた場合はその場所にあります。

なぜだか全くわかりませんが当たるので使っているようです。

これ技術にはよくあることで、

「なぜだかわからないけど、

その工程を無視するとうまくいかない」

というのに似ています。

つまりダウジングが技術といったのは、

そういうことなんです。

脳波を測るとどうも針金を持っている人が、

自分で動かしているという結果になるんだそうです。

針金を持っている人は、

当然どこに水道管が埋まっているのかわかりませんから、

自分で意識して針金を動かしたりはできません。

結果、

「よくわからない」

ものでしかないんです。

ただ当たるんです。

一説によると、

不発弾とか地雷も探り当てることができるんだそうです。

井戸を掘る位置とかを決めるときも使えます。

温泉とか石油を掘り当てるのに使う人もいて、

海外ではすごい料金をとっ石油を見つける

「プロダウザー」

と呼ばれる人もいるようです。

「金とか見つけられたらすごい!」

九州は割とどこでも金が出るため意味がないっちゃないですね。

これ

「金はあるけど採掘しても商業ベースに乗らない」

という意味ですけどね。

土地を買うときにもダウジングは使えます。

実は自分も土地を調べるとき怪しい場合は使うんですが、

人前でやると変な人と思われるので隠れてやります。

学びたい人は、

日本では堤さんという方が日本の第一人者なので、

そちらへどうぞ。

「日本ダウザー協会」

ちなみに自分は習ったこともなく我流です。

行橋 不動産 土地 賃貸 相続 査定 中古住宅 事業承継 古民家 住宅ローン 借り換え ホームインスペクション 築上 京築 リフォーム 仲介