猫の鳴き声と種類:店長は・・・・

猫の鳴き声

不動産工房ゆくはしの店長の名前は、さんたろにゃんです。

 

日本では昔ネコの鳴き声を、

「ねうねう」と書き、

「ねんねん」と読んだんだそうです。

これは平安時代のことなので、

「寒き日は、猫もて走り、

ねうねう(ねんねん)と鳴かれるもあはれなり」

と表現するのでしょうか?

昔から古文は苦手です。

どうも鎌倉時代から江戸時代初期までは、

「ねうねう」と書き「ねうねう」と読んだようです。

どうも

「にゃあにゃあ」

は江戸時代からのようです。

現代では、

「にゃーにゃー」

となっておりますが、

アメリカでは、

「みゅー」(mew)

と鳴きます。

イギリスでは、

「めぉう」(meow)

です。

この人イギリス系だな、と感じるのは猫の鳴き声ではなく

“have to~”とか”Beautiful!”を連発するからで、

猫の鳴き声を話題にすることなどありませんので、

こういうことでは気が付きません。

中国の人はどうも

「みゃお」

というようです。

猫の種類

店長は

「キジ白」

と呼ばれる毛色ですが、

足が短く、毛がやや長いのでマンチカンの雑種だと思われます。

勇気がなく、抱かれるのを嫌がりませんし、

模様もタビーではないのでアメリカンショートヘアの系統ではありません。

一般的にキジ白は偏食のネコが多く、

さんたろにゃんは、チョコレートを欲しがります。

絶対にやりませんが、ごみ箱をあさります。

いつも入り口側の窓から外を見ていますので、

通りすがりに姿が見えることがあるかもしれません。

店長をこれからもよろしくお願いいたします。