家を買うきっかけとは?

普通の生活においてそんなに何回もあることではないですよね。
では、どういう時、人は家を買うのでしょう?


買おうと思うきっかけとはなんでしょう?
結婚した。
子供が生まれた。
離婚してシングルマザーになった。
シングルファザーになった。
子供が結婚して夫婦二人になった。
子供が自立して家を出た。
などなど、人それぞれ色々な理由がきっかけとなるでしょう。
そして一口に家を買うと言ってもその方法は何通りもあります。
先ず、土地を購入。
それから好きなハウスメーカーなりデザイナーに頼み家を建てる。
既に出来上がった建売を購入する。
中古住宅を購入する。
そしてこの中古住宅の購入は、二通りに分かれます。
中古住宅を購入し、自分でリフォームする。
リフォーム済みの中古住宅を購入する。
家を買うと一口に言っても、これだけの選択肢があります。
もちろん、選択肢の中に一戸建てだけではなく、マンションという選択肢もあるでしょう。
こういうきっかけがあり、人は、家を買おうと思うのです。
さて、ここで問題です。
では、誰でもいつでも家が買えるのでしょうか?
次回はこの問題について考えてみたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です