部屋を借りる時の賃貸保証会社ってどういうもの?

家を借りる時必要になるものの欄に
「賃貸保証会社に加入」
という言葉がある。


これはなんだろう?
私は、最初これが何か分からなかった。
何故なら約15年程前に賃貸不動産会社で働いていた時に、そんなものはなかったから。
どうやら、部屋を借りる時の保証人替わりになる性格を持つものらしい。
そして家賃を払わなかったら保証会社が借主に催促をし、貸主には保証会社から支払われる。
そういう仕組みをもつのが、賃貸保証会社。
連帯保証人には、家賃の支払いが少し遅れたくらいでは連絡しない。
でも、賃貸保証会社はすぐに対応してくれる。
家を借りる時、
親、兄弟など保証人がすぐに見つかる人はいいけれど、
保証人を頼みにくい、
親が高齢なため、保証できない、
または身内がいない。
外国籍、高齢者の方も加入が可能。
保証人を頼みにくい(初期費用が高い)店舗、
事務所の賃貸契約も保証してくれる保証会社もある。
但し、保証会社は全て入居前に審査がある。
この審査許可が下りないと賃貸契約は出来ない。
そして、保証会社により審査の基準は異なるので、
一つの保証会社がダメでも他の保証会社なら、
審査許可が下りるというのはよくある話。
連帯保証人要、かつ、保証会社に加入要。こういう物件もある。
賃貸保証会社は奥が深い。いや、不動産とは奥が深いものである。
登記されていない事項の証明書
法律用語には、難解な言葉が多い。
中には意味を知ると「ああ!!」と分かりやすいけど、
意味が分からないうちは、一体どんなもの???というのがある。
その中の一つ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です