昔は寒くなかったのか?夏住宅の意味

日本の伝統家屋は、「夏住宅」です。

日本の住まいは夏の暮らしを中心としていて、

冬のことを考えていません。

建具一つとってもそうです。

ガラスはないので、

雨戸と障子一枚で冬を過ごしていました。

障子以前は、

なんとすだれです。

畳は奈良時代に登場しました。

この当時の畳と呼ばれるものは、

今の畳と違い、

「真薦」(マコモ)

というイネ科の植物で編まれたものでした。

ござのような状態で一枚だけ敷いていたようです。

身分の高い人は、

この時代はベッドで寝ていました。

ベッドと言っても現代のものではなく、

ただの台なんですが、

日本にもベッド文化はありました。

やがて現代のような畳に進化するに連れ、

「八重畳」(やえだたみ)「重畳」(かさねだだみ)

といって、

畳を重ねて敷布団のように使うようになりました。

庶民はどうやって寝ていたのか?

わらに潜って寝てました。

これ江戸時代でも結構やっていて、

明治維新以後、

綿の布団が庶民にも変えるようになって初めて、

布団で寝るようになったのです。

ちなみに、

庶民の家に畳が登場するのは、

江戸時代中期です。

ということは…、

時代劇のドラマのシーンの殆どは嘘ということになります。

「こちとらせんべい布団一枚こっきりしかねえんだ!」

布団1枚500万円ぐらいするんですけど…。

せんべい布団一枚は、下手をすると家が買える値段なのです。

当然長屋の住民に買えるものではありません。

ちなみにこの頃の一般的な布団というのは、

「かいまき」

です。

「夜着」(よぎ)とも呼ばれ、

浴衣もこの仲間で、

寝るときに着る着物ですが、

これも高級品で、

もっと一般的なのは、

「天徳寺」(てんとくじ)

これは紙(和紙)でできた布団の代わりになるもので、

庶民は紙一枚を着て寝ていました。

つまりこの時代長屋では、

板の間に筵を引き紙の布団で寝るのが普通で、

時代劇のシーンとは全く違います。

この時代は、

「家をたてるのは川のそばが良い」

と言われ、

これは江戸のような都市でも川沿いは、

涼しいということから来ています。

軒の深さも太陽の光の調節のためであり、

障子と雨戸しかない構造は通気性のためであり、

町中では通気性が確保できないので

「通り庭」「坪庭」

という工夫がされ、

とにかく通気性を重要視していました。

「夏涼しい家」=「冬寒い家」

というのは当たり前なのですが、

上に書いたように、

日本人には冬の備えが殆どないのに気がつくと思います。

田舎とか、大きな家とかは、

「囲炉裏」

で暖を取ったのだと思いますが、

長屋は構造上囲炉裏はありません。

かまどですら共同ですので庶民の家には火鉢しかありません。

こたつは「やぐらこたつ」と言って、

火鉢にやぐらをかぶせて布をかけたものです。

これは庶民の家にもかなり普及していたようです。

しかし、窓は障子と雨戸だけですので相当に寒いはずです。

とにかく日本の住文化は、

「夏の暑さを防ぐ」

それのみに特化されているんです。

そこで考えるのは、

「冬は今より寒くなかったのかな?」

ということです。

昔と今の気温を比べると今のほうが気温は高いので、

おそらく冬も今より寒かったはずです。

「我慢強かったんだよ」

それは違うと思います。

人間は我慢出来ないことを改良して今の文明を築いたので、

我慢出来ないことは改良したはずです。

何時代~何時代、

というのは簡単なんですが、

数百年あります。

日本は明治維新後150年でここまでの文明を築きました。

その次代その次代の人々が何も工夫しなかったと思えず、

そう考えると、

日本には、

防寒着という定義のものもあまり種類が多くないのです。

なんとも不思議です。

この疑問の答えをお知りの方がいらっしゃれば、

いつかお教えください。

お待ちしております。

行橋 不動産 土地 賃貸 相続 査定 中古住宅 事業承継 古民家 住宅ローン 借り換え ホームインスペクション 築上 京築 リフォーム 仲介 保険相談