筋の悪い土地=ちょっとぞっとする話

住んではいけない地名とか不動産工房ゆくはしは得意なんですが、

稀にそういうのと関係なく良くない土地があります。

これ具体的にどういう土地だからこうなんだというわけでもなく、

「なぜか」

ということが多いのが不思議です。

こういう土地の特徴は、

「謄本を取得すると何枚も出力される」

というのが非常に多いようです。

これ、

「汚れている謄本」

といいます。

当然一人の所有のままで謄本が汚れているパターンは、

何か商売とか事業をされている場合普通にあることです。

問題は、

「〇〇年競売により差し押さえ、

競売により売却。

〇〇年競売により…」

と延々と続くパターンがあります。

これなぜだかわかりません。

しかしこういう家が稀にあるんです。

というより、

大きな住宅地の中には必ずあります。

参考までにこうなった経緯を調べたことがあります。

まず、

新築で引っ越してきてしばらくすると奥さんが出ていきます。

ご主人だけが暮らしていることが多く、

玄関周りや庭が荒れ始めます。

主に草茫々となり、

ガレージの屋根が壊れたり、

網戸が破れたり、

ゴミが溜まったりします。

やがて競売にかかります。

競売は、

普通の方が落とす場合もありますが、

リフォーム再販する会社が、

競売で落としてリフォームして販売することも多く、

そういう家は、いい家が安く手に入るので人気です。

自分も昔、そういう専門の会社にいたので得意です。

ただ、

稀に、自分が競売で落とした家をリフォームして売って、

またもう一度、

競売で落としてリフォームして売ったことがあります。

これわずか3年の間に起きたことです。

しかも、

怖いことにこの家、

競売で落としたの自分が最初じゃないんです。

自分が最初に落とした時点で、

もうすでに2回競売にかかっていたんです。

つまり、わずか10年間で4回競売です。

自分のいた会社では事件事故は、

徹底的に調べるので事故物件ではありません。

なにか霊的なとか、

怖い過去があればば別なんですがなにもないんです。

ただただ、買った人が不幸になりいなくなるんです。

ちなみにその家の隣の人は、

普通に暮らしていて、普通に幸せそうです。

つまりその家だけなんです。

これとは別の家で、

競売で落として、中にはいってみると…

寝室のドアに、

内側から掛けられる鍵が20個近くついていた家があります。

これおそらく奥さんかご主人が、

室内に入れないようにしていたんだと思います。

鍵の一部は何回か壊された形跡があり、

ドアもあちこち凹んだり穴が空いているので、

なにかやばいことが起きたんだと思います。

自分は、

「シャイニング」

という映画を思い出しました。

壁を剥がしたら、

中がすべて燃えカスだった家というのもあります。

これ火事だと思って持ち主に聞いたら、

「シロアリがすごかったから自分で焼いた」

…この人…アホだ…

というのもありました。

ちなみにこの家、

2階から降りるときに使う階段の踊り場に穴が空いていて、

トイレに入っている人を上から覗ける仕組みになっていました。

競売にかかる家の殆どはこうではありませんが、

稀にこういう衝撃的な家があります。

行橋 不動産 土地 賃貸 相続 査定 中古住宅 事業承継 古民家 住宅ローン 借り換え ホームインスペクション 築上 京築 リフォーム 仲介 保険相談